保険でお金を貯めてはいけない

「掛け捨ての保険は勿体ない。」
「お子さんの教育費や老後の資金も貯めなければいけません。一方で、お子さんが小さなうちは、もしもに備えて保障も必要です。保険でお金が貯められれば一石二鳥です。」
「必要な保障は貯蓄性のある保険で準備するのが良い。」
「100万円が20年後に105万円になるから、預金よりお得です。」

これらは全て、高額な保険料(掛け金)の契約を獲得するためのセールストークです。
これがセールストークでなく、本気でこのようなことを言っているのであれば、金融リテラシーが低いと云わざるを得ません。

貯蓄性保険の保険料(掛け金)は、貯蓄部分と保障部分に分けることが出来ます。
そして、保険本来の機能は保障であり、その保障部分は掛け捨てがベースになっています。
掛け捨ての保険が勿体ないというのは、保険商品を設計している人にとっては、あり得ない話なのです。

保険は、代理店や外務員に払われる報酬等が保険料(掛け金)に含まれています。それは、加入者にとってはコスト(費用)となるわけです。
このコスト(費用)が大きいため、貯蓄性の保険といっても貯蓄に回るおカネは実質的に少なくなります。
加入後短期間で解約すると、支払った保険料がほとんど戻ってこないのはそのためです。

貯蓄することを100メートル競走に例えれば、保険でお金を貯めるのは「10メートル後ろからスタートする」ようなものです。
保険で貯蓄をするのは、ATMで1万円預け入れをしたら、手数料を1,000円取られたというのと同じです。

また、「100万円が20年後に105万円になるから、預金よりもお得。」といった類の話にも注意が必要です。
そもそも、こういった類の話は、現在の金利で20年後の105万円を比較していることが間違いです。
金利水準は、10年後、20年後も今と同じというわけではありません。20年後の105万円は、現在価値に割り引けば100万円以下の価値しかない可能性が髙いのです。
20年後の解約返戻金÷20年間の保険料(掛け金)合計といった単純計算で出した返戻率を額面どおりに受け取ってはいけません。
将来の100%は必ず100%未満になると理解するのが、金融の常識です。

保険でお金を貯めるのは、もの凄く非効率なのです。
保険の利用は、保険でしか得ることが出来ない機能のみ(保障のみ)とし、貯蓄とは分けて考えるのが正解です。
必要な保障だけを掛け捨ての保険で準備し、安くなった保険料(掛け金)分を貯蓄する方が遥かに効率が良いということです。
さらに、長期的な資産形成を考えるのであれば、税制面でも優遇措置がある「確定拠出年金やiDeCo」、「つみたてNISA」を学び、低コストの投資信託などの活用を検討するべきでしょう。